全日本合唱コンクール香川県大会当日がやってきました。

いよいよ当日の朝を迎えました。

昨晩は最後の練習として、通し練習をし、その録音を今朝全員で共有しました。

我々の出演は15時45分から 事前に浸かれない程度に練習してから会場入りします。

結果はどうあれ、悔いの残る演奏だけはしないようがんばって参ります。

みなさん、応援よろしくお願いいたします。

コンクールパンフレット

 

 

 
審査結果は、また今晩にでも投稿いたしますのでお楽しみに。
 
 

 

”ゆめみる” 男声合唱曲「季節へのまなざし」より 男声合唱フェスティバルin高知

 

2016年7月10日に高知で開催された第5回全日本男声合唱フェスティバルの単独演奏の録音です。

当日の写真がなかったので、定期演奏会の時の写真を使用して動画にしてみました。

指揮は副指揮者の竹田英司、ピアノ伴奏は徳山眞矢でした。

この日は、参議院選挙と重なってしまい、公務員の何人かは残念ながら欠場となってしまったのが悔やまれます。

とにかくも大きなミスもなく演奏ができたので、昨年のコンクール四国代表としての面目は保てたというところでしょうか。

今春に新しく改訂版が出た男声合唱曲「季節へのまなざし」

 


男声合唱フェスティバル

このフェスティバルでは、あらかじめ決められた先生のもとで複数団で指導を受け、それを翌日にお客様の前で発表するという企画があるのですが、我々は当団の技術顧問でもあられる広瀬康夫先生のもとで、尾崎喜八の詩からを9日にご指導いただき、翌10日に演奏いたしました。

 

「春愁」のソロをトップパートリーダーの北島良仁氏、「かけす」のソロは古賀準一氏を候補とし、広瀬先生のオーディションを受けることとなりました。

結果は、北島氏は9日の仲間内披露、古賀氏は翌日本番でのソロが決まり、グリー香川としてはかなり存在感をアピールすることができたと思います。

 

また、高嶋昌二先生が喉ポリープのため、須賀敬一先生に変更となっておりました。高嶋先生には、来年3月の全四国男声合唱フェスティバルにて合同演奏の指揮をお願いしているので、ご体調が心配されます。

 

 

 

このフェスティバルでは毎回たいへん多くの男声合唱団が参加し、その歌声を披露し合います。

コンクールではないので、競争をするというよりまさにお祭りで、前日夜には賑やかな酒席が設けられ、全国の合唱仲間と交流できる楽しみもあります。(今年はビアガーデンで大はしゃぎでしたね)

このフェスティバルを企画してくださった合唱連盟や高知のスタッフの方々に厚く御礼申し上げたいと思います。

 

 

 

 

全日本合唱コンクール香川県大会

2016年8月7日(日) 高松のレクザム小ホールにて、全日本合唱コンクールが開催され、うちの団も四国大会を狙うべく参加してきます。 今年は新団体も含め、一般では3団体が出場、うち2団体が四国大会への切符を手にすることとなります。

昨年は四国ブロックを代表して、長崎での全国大会にまで進んだ我が団ですが、今年はスムーズには行かせてもらえないようです。 しかし、日頃の練習の成果を100%発揮できれば、その可能性は十分にあると思いますので、みなさん応援よろしくお願いいたします。

 

香川県合唱連盟 コンクール仮プログラム