全四国男声合唱フェスティバル2017のご案内

 

四国中の主な男声合唱団が集い、その力量を披露し合う全四国男声合唱フェスティバルが、いよいよ3月5日に迫りました。

今年は、名門同志社グリークラブのOB合唱団、通称DOBSをお招きし、豪華ゲストと共に盛大に催されます。

また、合同演奏の指揮は、合唱コンクールで金賞を数多く受賞している高嶋昌二先生。かつては大阪の淀川工業高校グリークラブを率い、コンクールで金賞を11回も取られました。最新の発声メソッドなどをご教授いただきながら、今まで以上の演奏をしたいと思います。

丸亀市民会館は、今年4月より解体されることが決定しており、我々は今年の演奏が最後となります。今回幹事をしていただいた丸亀男声合唱団コールメルのみなさんには、とても灌漑深い演奏会となることでしょう。

いろいろな意味で、今年は更に気合が入っております。ぜひ、丸亀に足をお運びいただければと思います。






「光の旋律」「Tonight,Tonight」冬の合唱祭に参加しました。

2016年12月18日(日)毎年恒例の香川県冬の合唱祭が開催されました。

 

 

香川県は合唱が盛んで、合唱祭は冬と夏の年2回あります。夏はコンクール前なので、そこで演奏する曲を持ってくることが多いですが、冬はクリスマス関連などポピュラーで明るいものが多いですね。

さて今回のグリー香川は、セカンドの門田滋さんが、自らアレンジした「光の旋律」を指揮しました。原曲はアニメの「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」の主題歌で、Kalafinaさんが歌っています。こんな曲です↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

 

 

 

THE BEST/Blue [ Kalafina ]
価格:3240円(税込、送料無料) (2016/12/20時点)

 

 

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

 

 

 

THE BEST/Red [ Kalafina ]
価格:3240円(税込、送料無料) (2016/12/20時点)

 

 

 

 

 

2曲目はウエストサイド物語の有名な曲TonightをBarberShopスタイルでアレンジした「Tonight,Tonight」を。

本来は4人で歌われるものなので、指揮の竹田も加わり全員で演奏しました。アカペラで指揮者もいないので、直前までタテを揃えるのに苦労しましたが、皆でタイミングを取り合ういい練習になりました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

 

 

 

【輸入盤】West Side Story [ ウエストサイド物語 ]
価格:1788円(税込、送料無料) (2016/12/20時点)

 

 

 

 

 

他の出演団体の方々の演奏もとても楽しく聞かせていただき、またスタッフによるクリスマスの飾りつけも素敵でした!

 

というわけで、本番はこんな感じの演奏でした。トップテナーの音量に物足りなさを感じる方もおられるかもしれませんが、処々改革中の過程につき、どうかお許しいただければと思います。

 

夜はレクザムホール内にある食堂シレーヌで忘年会です。グリー香川の忘年会には恒例の催しがあり、皆で品物を持ち寄って、それをオークション形式で競り落とすというもの。集まった代金はすべて次年度の活動費として団費に入れられます。
今年はなぜかお酒が多かったですね。貴重な銘酒も多く、酒好きには大満足のオークションでした。そして、最後に記念写真

 

香川大学院生の坂田君、来年から就職です。社会人になっても仕事に歌にがんばって下さい。

また、今年一年応援いただいたファンのみなさん、ありがとうございました。
そして、来年もかわらぬご贔屓をお願いいたします。

高嶋昌二先生にご指導いただきました。全四国男声合唱フェスティバル2017合同ステージ

11月27日(日)宇多津町にある香川短大体育館にて、全四国男声合唱フェスティバル2017の合同練習が行われました。
今回の指揮者は香川県出身の高嶋昌二先生。全日本合唱コンクール全国大会で金賞を11個も取った大阪の淀川工業高校グリークラブを率いた合唱界の大御所です。
来年3月5日(日)、高嶋先生にお振りいただく合同演奏曲は「この星の上で」作詞:谷川俊太郎 作曲:松下耕。緩急のあるとても美しい曲です。

2016-11-27-15-10-43

 

先生には、まず基本の立ち方から教わり、その後息の使い方や発声までたっぷり時間を使ってご指導いただきました。
我々が習ったころとはかなりメソッドが進化してて、今のコンクールの常勝団体はどこも新しい発声法を実行しているそうです。

2016-11-27-16-00-54

 

今回の出席者、平均年齢が軽く60才を超えていると思うのですが、先生は一切妥協せずにご自分の音楽を要求されました。
その要望になかなかお答えできず、歌っていて悔しい思いをしましたが、来年2月の第二回練習日までには徹底して復習したいと思いました。
全四国メンバーの皆さん、練習録画や録音などのツールは揃ってますので、必ず宿題を消化しておきましょう!